秋田杉のちりとり 販売始めました。

卓上用のちりとりの販売を始めました。
市民蔵常右衛門の他、今後イベントにもお持ちする予定です。
24日()の大地を守る会 東京集会でも販売致します。
新潟にお住まいの生田三男さんに、秋田杉で作ってもらっています。
デザインは、生田さんと、スタッフの柳川勇輔。
生田さんの秋田杉のちりとりと木工細工
サイズは 大で幅約15cm、小で約10cmです。
お試し価格で、大1,890円、小1,365円です。
生田さんの秋田杉のちりとり
和風箒にはこんな感じになります。
食事前、テーブルを小さな箒で掃く時にぴったりです。
何かもの作りをしたり、書き物をする方にもおすすめします。
それから、市民蔵には昨年から少し置いていますが、
生田さんの木工作品もあります。
生田さんの野菜とくだもの
(1枚目の写真に写っている、かぼちゃ、柿なども)
一部の手箒、長柄箒の柄に使う、山葡萄の柄を、
新潟にお住まいで篭作家の上野広秋さんから仕入れているのですが、
そのご友人である生田さんにちりとりを作ってもらうことになりました。
お二人とも自然が好きな人です。
今後も新しい商品を、紹介していきたいと思います。
(留松)

染色

箒に使う糸を、まとめてたくさん染めました!
染料は茜、蘇芳、ウコン、藍など。

媒染と言って、鉄などと反応させて色を変えたりもしています。

秋に向けて、たくさん作ります!

吉田

天野睦美さんの箒

 天野さんの箒
当ホームページのスタッフ情報を更新しました。
ベテラン職人の柳川芳弘さんによる、数年前の講習会に参加したことがきっかけで、
芳弘さんから箒作りを習い、コツコツと練習されてきた天野睦美さん。
天野さんの箒は、市民蔵常右衛門やイベント出展時に販売しています。
卓上サイズが中心です。
これから本格的に暑くなりますが、どうぞ市民蔵常右衛門まで、お越しください。
(T)